医療レーザー脱毛で完全な永久脱毛を目指そう!
医療レーザー脱毛で完全な永久脱毛を目指そう!

永久脱毛は医療行為 美容外科やクリニックで施術

脱毛

永久脱毛は医療行為であるということをご存知でしょうか。永久脱毛できる施術方法は、電気脱毛とレーザー脱毛です。電気脱毛は、ニードルと呼ばれる細い針のようなものを毛穴の奥に刺し、毛根に触れた状態で電気を流すことで毛乳頭を破壊することができます。レーザー脱毛は、レーザーを照射することで、毛乳頭を破壊することができます。電気脱毛は痛みが強く、施術時間がかかるため、永久脱毛の主流はレーザー脱毛となっています。

永久脱毛の定義としては、最後に脱毛施術をしてから1ヵ月後に毛が生える確率が20%以下というもので、完全無毛にできるというわけではありませんが、ほとんど生えていない状態に脱毛することができます。脱毛施術はエステサロンなどでもできますが、永久脱毛施術ができるのは、医療機関である美容外科やクリニックだけです。永久脱毛は医療行為だからです。永久脱毛施術を医師以外の人が行った場合、医師法違反となります。エステサロンなどで永久脱毛を謳った広告は、違法なのです。

医療レーザー脱毛 毛根を焼切ることが可能

脇脱毛

エステや脱毛サロンでムダ毛を処理したのに、しばらくすればまた毛が伸びてきたので、また通わなければならないのかと思い、うんざりしたという経験を持っている方は少なくありません。サロンで行われている光脱毛に使用されているマシンは低出力なので、毛根にそれほど強いダメージを与えることは出来ないようになっています。それに比べて、美容外科や美容皮膚科で使用されている医療レーザーは高出力なので、毛根を焼切って、毛の再生を抑えられるので、永久脱毛と呼ばれるほどの効果があります。

医療レーザーは特定の色素にしか反応しないため、それほど威力が強くても、皮膚を直接傷つけることはなく、誰でも安全に施術を受けられるのが特徴です。皮膚の下の黒いメラニン色素にのみ反応して、レーザーの熱が吸収されると、周囲に浸透していくので、毛母細胞が破壊され、ムダ毛が成長できなくなりますし、新しく作り出せなくなります。残った毛は自然に抜け落ちるので、施術を繰り返し受けるうちに、ツルツルの肌になれます。

医療レーザーは皮膚を傷つけることはないですが、レーザー照射後の肌は敏感になっているので、乾燥させないよう、しっかり保湿する必要があります。ローションや美容液を塗って、皮膚や毛穴をしっかり保護するようにしてください。